お互いの存在が当たり前になったとき

トップページ > 倦怠期はいつやってくるの? > お互いの存在が当たり前になったとき

長いお付き合いをして、お互いの存在が当たり前になった時の倦怠期

長くお付き合いをすればするほど、お互いの存在は当たり前になり、家族のような存在に感じることが多くなります。
そのような当たり前の関係になると、相手の悪い部分ばかりが目立つようになり、不満も溜まりやすくなるものです。
ですので、だんだんと愛情も薄れていく一方になり、倦怠期は長引きやすくなります。
また、交際期間がただただ長いだけで、入籍について話を先延ばしにしていると、「まだ結婚していない」「正式な家族ではない」ことから、別れるための逃げ道がまだ残っているため、別れに対して安易に思考が向きやすくなってしまいます。
せっかく長々とお付き合いをしても、結婚話を先延ばしにして、あげくの果てに破局などしたら、何の意味もなくなってしまいます。
女性側にとっても、若々しい一番大切な時間をかけて交際をするのですから、結婚に対して意味のあるものにしていきたいですよね。
だれでも長く一緒にいれば飽きを感じて、不満を溜め始めてしまうものです。
お互いの存在が当たり前に感じ始めたら、それは結婚時期の最終サインです。
倦怠期が原因で破局に繋がってしまう前に、よくよくお互いの人生について考える必要があるでしょう。