付き合い始めて3か月

トップページ > 倦怠期はいつやってくるの? > 付き合い始めて3か月

付き合い始めてから3か月頃の倦怠期は一般的

ほとんどの人は、付き合い始めて3ヶ月目あたりに倦怠期を経験することが多いのではないでしょうか?
付き合ってから3ヶ月目というのは、相手のことが好きで好きでたまらなく、探り探りで相手のことを知ろうとする時期を過ぎて、相手の嫌な部分がだんだんと気になりだす時期にあたります。
さらに緊張感も無くなり始め、お互い話をすることにも慣れてきますから、相手に対して本音やわがままを言いやすくなります。
恋人をこれからも信頼していきたいと強く思う時期でもありますから、「この人は本当に、私のことが好きなのか…」とついつい考えて、恋人を試してみたいという気分にもなりやすく、ちょっとした意地悪をしかけてしまうこともあるでしょう。
そんな不安定な時期ですから、当然倦怠期にも陥りやすく、関係がギクシャクしてしまうことにも繋がっていきます。
しかし、このような3ヶ月目の倦怠期は誰にでもあるもの。
この時期の倦怠期を乗り越えれば、この先も長く付き合っていける確率がアップしますよ。
倦怠期について、あまり重く受け止めすぎないように注意して、焦って恋愛を終わらせないようにすることで、相手についてより深く知るチャンスを得ることができます。
まだまだ相手を完全に見極めるには早い時期なのかもしれませんので、多少大変ですが頑張って乗り越えていきましょう。