付き合い始めて1年

付き合い始めて1年頃にくる倦怠期を乗り越えるには?

付き合い始めてから一年目を迎える頃には、大体お互いの傾向が分かるようになり、相手の嫌な部分や好きな部分、食べ物の好み、価値観の違いなどに気付き始めます。
付き合いたての当初とは異なり、デートコースも定番化してきますから、ドキドキ感もあまり感じられなくなってきてしまうカップルが多いです。
ドキドキ感が感じられないと、新鮮味がなくなり、だんだんと相手との恋愛に飽きを感じることが多くなり、それが原因で倦怠期に陥ってしまいます。
ですので、この時期の倦怠期の要因は「新鮮味の無さ」であることが大半ですので、問題を解決したいのであれば、今まで一緒に経験したことの無かったことを探して、新鮮味のある体験を共にすることが重要になります。
とにかく何でも良いので、一緒に新しいことに挑戦するよう心がけてみましょう。
また、ドキドキ感のあった付き合いたて当初の体験を振り返って、もう一度初デートのコースを一緒にたどってみるなど工夫すると、その時の思いが蘇って、恋人の大切さを改めて実感することができるようになるかもしれません。
どちらか一方が一工夫するだけで、倦怠期を脱却するためのチャンスは必ず見つかります。
恋人との関係を立ち直らせたいと望んでいるなら、あなたから関係回復のためのちょっとした提案をしてみると良いかもしれませんね。