倦怠期はいつやってくるの?

トップページ > 倦怠期はいつやってくるの?

一般的に倦怠期はいつ頃やってくるもの?

倦怠期がいつ頃やってくるかどうかについては、付き合ってきた環境やカップルの性格にもよりますが、倦怠期は一般的に3ヶ月や6ヶ月、9ヶ月目といった3の倍数のつく時期に来たと感じる人が多いようです。
特に3ヶ月目は、ドキドキ感や恋愛の刺激がだんだんと薄れてくる最初の時点なので、倦怠期に陥りやすい人がほとんどです。
相手との関係にもだんだん慣れてきて、今まで気になっていたことや、不満に思っていたことなども言いやすくなり、お互いのわがままが出やすくなります。
なので、相手に対して思いやりの無い接し方をする機会が増えて、「最近一緒にいてもつまらない…」と思うようになってしまうのです。
関係を回復させるための方法としては、少し自分自身を変えてみる努力をすると良いでしょう。
例えば、倦怠期の「飽き」や「慣れ」を改善できるような、いつもとは違う服のコーディネートや髪型に挑戦してみることで、相手に新鮮さを感じてもらい、良い影響を与えることができるかもしれません。

気になることは必ず言うようにする。

いざ倦怠期が来た時の期間を、少しでも短くしたいと考えているなら、言いたいことははっきりと伝えていくことが大切です。
例えば、少しでも不満に思っていることや、不安に感じていることなど、相手にはっきり伝えて問題を解決するための術を一緒に考えてもらうようにしましょう。
自分の考えを包み隠さず話すことで、お互いの価値観について自然と理解できるようになり、ある程度相手に合った行動を心がけようとする気持ちが強くなります。
しかし、不満に思っていることばかりを伝えすぎても、相手が不快に思ってしまうだけです。
一緒に過ごして楽しかったこと、してもらって嬉しかったことも、常々伝えていく必要があります。
もし喧嘩をしてしまっても、お互いにしてあげて喜ばれたことをあらかじめ知っていれば、仲直りのきっかけも早くに考えることができるようになります。
このように、もし倦怠期などのトラブルに陥っても、前もって不満の解消をお互いに心がけていれば、すぐに関係回復をはかることができます。
小さなことでも溜めこむと大変なので、恋人に対して思ったことはなるべくその場で伝えるようにしていきましょう。

倦怠期の時期に相手の嫉妬心を煽るのは逆効果。

いつからか、恋愛に刺激を感じなくなってしまった・・・。だからといって、倦怠期の時期に相手の嫉妬心を煽ろうとするのは逆効果です。
倦怠期の時期は、お互い恋愛に飽きを感じ始めている時期なので、そこで他の異性との関係をちらつかせて相手の嫉妬心を煽ってしまうと、さらに自分を嫌いにさせてしまうきっかけへと繋がってしまいます。
ですので、倦怠期に入った時期は、いつにも増して恋人を傷つける行動や言動は慎むことがベスト。
もし、相手を傷つけてしまうことになれば、油に火を注ぐようなこととなり、今よりも関係が悪い方向に悪化してしまう確率が高くなります。
なので、倦怠期を打破したいなら、あちらが折れるのを待つような受け身の態勢は崩して、いつでも自分から相手が喜ぶような行動をしてみると良いでしょう。
ポイントはいつまでも恋人を思いやる気持ちを大切にすることです。
恋人が楽しいと思えること、嬉しいと感じてもらえそうなことを実践していけば、相手もきっとあなたの重要性を再確認することができ、倦怠期も必ず乗り越えていくことができるようになるはずです。