二人で話し合う

二人で話し合う時間を設ける

倦怠期って突然やってきますよね。 特に何をしたわけでもなく、相手の事が好きな気持ちは変わらないはずなのに、最近一緒にいても新鮮味がなくてつまらない…と考えるようになります。
また、ある程度付き合いが長くなると、相手に対する不満も溜まりやすくなって、「理想と違う…」「こんな性格だったんだ」と期待を裏切られることが多くなり、少しイライラしやすい状態となるでしょう。
そんな状態に陥ったら、なるべく相手にも自分が倦怠期を感じ始めていることを話すようにしてみましょう。
案外、相手は倦怠期に気付いておらず、刺激のない日常に安らぎを感じ始めているのかもしれませんし、相手もあなたに対して何かしらの不満を抱いているかもしれません。
いずれにしても、倦怠期がきたと感じたら一度二人でしっかり話し合い、お互いが現在どう思っているのか確認して、問題改善のために今後どうしたら良いのか考えてみましょう。
話し合いをして、一緒に改善しようと心がけることができれば、おのずと関係は回復し、最高のパートナーであることを確認し合うことができるようになるはずです。
お互いの考えがすれ違わないように対処するのも、倦怠期を乗り越えるためには必要でしょう。