連絡を絶つ

連絡を絶ってみる

倦怠期の時期になると、お互いの存在が当たり前になり、少しうっとうしく感じてしまうことがよくあります。
なので、何かと相手の言動や行動にイライラしたりして、文句をいってしまったり、喧嘩の起きやすい状態になってしまいます。
こんな状況を何とかするためにも、あなたからの連絡を絶ってみましょう。
今は相手をそっとしてあげることが一番です。
気まぐれに相手から連絡がきたときにだけ、喧嘩腰ではない態度で話をし、答えるようにしてみましょう。
そうすることで、余計な会話が減り、お互いのストレスが少し解消されていきます。
また、突然あなたからの連絡がこなくなれば、相手も「どうしたのかな」とあなたについて考える時間をつくるようになります。
あなたに対して不満に思っていること、今まであなたが言ってくれた言葉などを思い返して、考えを整理することができるようになるでしょう。
倦怠期を改善するには、お互いの一人の時間を大切にすることも重要です。
今まで一緒に過ごしてきた思い出を振り返って、どんなことが大切に思えたのか、一緒に改善しなければならない問題はなんなのか、連絡を絶ってみて、お互いを考える時間に切り替えていきましょう。