倦怠期なんだと割り切る

トップページ > 倦怠期のイライラ解消法 > 倦怠期なんだと割り切る

倦怠期なんだと割り切る

お互いの気持ちが少し離れていても、「倦怠期だから仕方ない」と割り切り、あまり深く考えすぎないことが大切です。
必要以上に深く考えてしまうと、ストレスの原因になりますし、悲しい気持ちになって心が不安定になってしまったりします。
倦怠期の時期は、お互い一人の時間が大切な時です。
言葉ではなにもいいませんが、相手も同じようにあなたのことについて考えているはず。
あまり騒ぎ立てず、そっと見守ることも関係回復には重要なのです。
あなたも、自分磨きの時間として倦怠期の時期を活用していくと、余計なことを考えずに効率よく時間を使うことができるようになるかもしれません。
また、そっと見守っていくことも大切ですが、プラスして相手を思いやる気持ちを少しずつアピールしてみましょう。
相手のためにできることを考えて実行していくことで、相手はあなたの優しい心を感じとり、愛おしい気持ちが再度芽生えてくるかもしれません。
いずれにしても、相手はきっと悪い気持ちにはならないはずです。
相手を怒らせるような行動は慎しみ、「私にはあなたの存在が必要なんだ」ということをさりげなく無理のない行動で伝え、相手の気持ちを自然に変えて、倦怠期を乗り越えていきましょう。