倦怠期のイライラ解消法

トップページ > 倦怠期のイライラ解消法

倦怠期のイライラを解消するために

倦怠期は、なんだか面白みのない時期です。
二人でいても、特にドキドキ感は感じられなくなるし、相手の悪い部分ばかり目立って見えるようになり、自然とイライラがつのっていきます。
自分でも、もうよく分からないイライラが溜まる一方で、情緒不安定にもなりやすいです。
なので、少しずつでもイライラを発散していかないと、今後相手に八つ当たりするような形で責めたててしまうことにもなりかねません。 更なる関係悪化を防ぐためにも、自分磨きに専念したり、友達と出かけたり、趣味に没頭したりするなど、とにかく自分に合ったストレス発散方法を見つけ、イライラが表にでるのを防いでいく必要があります。
いつかイライラが覚める機会がやってきますので、それまでの辛抱です。
倦怠期を乗り越えるために、もう少しだけ頑張ってみましょう。

声を出したり笑ったりして倦怠期のイライラを解消しよう

倦怠期にイライラしたら、声を出してみましょう。
カラオケに行って、防音抜群な室内で大声をだして歌ってみるのもありですし、友達と出かけて恋人の愚痴を聞いてもらうのも良いです。
とにかく声をだすことで、人のストレスは少しずつ軽減されていきます。
また、笑うこともストレスやイライラをかき消す大事な要素です。
倦怠期の時期は不満やらの悪い物が積もり積もっていますから、意識していなくても不機嫌な顔になりやすいです。
周囲の人たちから悪い印象をもたれないように、笑うことを常々意識しましょう。
例えば、バラエティ番組を見るようにして笑ったり、人と話すときは自分から先に笑ってみるなど気をつけると、ストレス解消にも繋がり、人間関係も良好に保ちやすくなります。
なので、イライラしたら声にだす、とにかく笑うように心がけて過ごしてみると良いでしょう。

相手のことを深く分かってきた証拠

倦怠期がきてしまうと、「ついに来たか…」と気分がどんよりしてしまいがちになります。
しかし、倦怠期がきてイライラしてしまうということは、相手について深く知ることができた証拠になります。
相手について深く知ることができたからこそ、怒りも不満も溜まりやすくなり、相手にもっと改善してほしい!というような欲が生まれるようになるのです。
なので、倦怠期がくるまで相手と過ごせてきたことを少しハッピーな気持ちで捉えてもよいと思います。
これを良い機会として、相手の優しさについてもよく考えるようにしてください。
今は悪い部分ばかりが目につく時期だとは思いますが、頑張って褒めたい部分や優しい部分を探して、相手を見直す時間を作ってみましょう。
倦怠期は、どのようなカップルにも来るものですので、無事にこの時がきたことを祝福する気持ちを少しだけもってみてください。
心の余裕に繋がってイライラ防止になるはずです。