ひとりの時間を大切にする

トップページ > カップルの試練『倦怠期』の乗り越え方 > ひとりの時間を大切にする

人間には色んな意味で絶対領域がある

「傍にいるだけでイラッとする」「会うのが面倒…」などなど、相手と時間を共有する事が苦痛に思えてしまってきたら素直に距離を置くのが効果的。
恋愛の初期段階では恋愛ホルモンの手助けもあって常にハイテンションです。ずっと一緒にいたい、一人でなんていたくない!という気持ちになりますが、そもそも人間にはパーソナルスペースというものが存在します。いつでもずっとベッタリ一緒、というのはそもそも苦痛の要因なのです。

自分の時間が返ってきた!と考えよう

今まで恋人に費やしてきた時間がまるまる自分のために使える、と考えてみましょう。ちょっとワクワクしませんか?あなただけの時間、何をしたって良いんです。ずっと読めなかった本を読みふけるというのも良いですし、映画なんかを好きなだけ観ても気兼ねありません。取りたかった資格の取得時間にあてるのも素敵ですね。
短くても三週間以上は一人の時間を作ってみてください。一か月程度距離を置くと、その後に恋人と会った時に心が弾むような感覚を覚えるハズです。
ただし、距離を置く際に黙って消えるというのはNG。何でも良いので、恋人には当たり障りのない言い訳を使いましょうね。