倦怠期を乗り越えた未来を想像する

トップページ > カップルの試練『倦怠期』の乗り越え方 > 倦怠期を乗り越えた未来を想像する

今の恋人と一緒にいる未来、想像出来ますか?

ちょっと想像してみください。倦怠期が解消された後の二人の様子、結婚を迎えて家族を持っている二人の様子、おじいちゃんおばあちゃんになっても二人で連れ添っている様子…勿論その中身が良いものであれば言う事はありませんが、ちょっとくらい悪い想像だったとしても大丈夫。大切なのは、倦怠期が解消されて「二人で一緒にいる未来」を具体的に想像出来るかどうかという事です。
リアルに想像出来れば出来るほど、その人は「ずっと一緒にいようと思える人」です。今は倦怠期の荒波に飲まれて、そんな事思えない!と思うかもしれませんが、あなた自身が深層心理ではしっかりとそう認識しているという事。想像出来たなら、倦怠期はきっと乗り越えられるハズです。

思い込みのパワーを活用しよう

二人の未来を想像し、その中身が良いものだった場合、少し心が弾んでいる事に気付くのではないかと思います。苦痛の強い倦怠期が解消される事でこんな未来が待っているんだと思えれば、倦怠期に立ち向かう気概も湧くというもの。
また、幸せそうな自分たちの姿を見て「こうなりたい」「こうなるハズ」という思いが芽生えるのも大切な事です。人間は願いを叶えたいという気持ちや、絶対に叶うという気持ちで物事に取り組むと、驚くほどの力を発揮するものなんですよ。