いつもと違うことをする

例えば、立ち位置を変えてみるだけでもOK

「慣れ」による「飽き」が倦怠期の原因の一つとお伝えしてきましたが、だったら今までにした事がない事をしてみようという方法です。
デートはマンネリ化していませんか?恋人と並んで歩く時に普段立っているのが右側なら左側に立ってみる、デートの時間帯を変えてみる、ショッピングに赴く事が多いなら遊園地や公園に行ってみるなど、ちょっとした事で大丈夫。見慣れない角度から見る恋人の顔は、それだけでも新鮮に見えたりするものです。
デート時間やコースが変われば、普段と違う反応もきっと見れる事でしょう。マンネリ打開のコツは、思っているよりも随分とシンプルだったりするものなんですよ。

旅行に行ってみるのも効果的

旅行は日常とかけ離れた非日常的な感覚を味わえますよね。恋愛当初の刺激的な感覚を思い出すのにも、旅行は非常に有効です。二人でいつもと全く違う景色を見たり、食事をとったりする事で、お互いの中に新鮮な気持ちが蘇るハズ。
また、旅行は開放的な気分にもなれます。倦怠期に入ってしまってから甘える事も甘やかす事もご無沙汰という方は、旅行デート中に思い切って甘えてみたり、甘やかしてあげたりしてみましょう。きっと、こそばゆいようなドキドキ感が蘇るハズです。