FAQ

倦怠期の症状について

付き合いたてのカップルの方々から、倦怠期の症状について知りたいと頻繁に質問がきます。
では、倦怠期が来た証としてどのような症状があるのでしょうか。
まず、以下のようなポイントが上げられます。
・相手に対するドキドキやときめき感がなくなった。
・刺激が感じられなくなり、新鮮味がなくなる。
・相手に対してなにも思わなくなった。
・付き合っている意味が分からなくなる。
・つまらないと思うことが多くなる。
・相手の欠点ばかり目につく
・うっとうしく感じたり、イライラする。
・他の異性に目がいってしまう。
・自由になりたいと思う。
・めんどくさいと感じる。
このようなことを一つでも感じていれば、それは倦怠期が来たことを意味しています。
大概は、倦怠期が来ると今まで嬉しかったと思えたことでも、何をされても嫌で嫌でたまらなくなり、相手に対してイライラしてしまう人がほとんどです。
しかし、これらを乗り越えた多くのカップルは、後々すごく幸せになれたと感じることができています。
倦怠期は、恋愛を成功させていくための試練のようなものです。
ここさえ切り抜ければ、きっとさらに信頼し合える関係として、成長することができるようになるので、いざ倦怠期が来た時は、すぐに別れを考えるのではなくて、関係回復のための工夫をひとまず考えるようにして下さい。